長いものにまかれるのも大切

ナースという仕事は、様々な場所で活躍することが出来ますよね。そのため、転職をした方の中には、「今までとは、全く違った環境に転職をした」という方もいると思います。環境が変わると、やはり戸惑ってしまうもの。「今まで、全く考え方が違うから、どう対応したら良いのか分からない」と感じている方もいるのではないでしょうか。
新しい職場に入ったときに重要なのは長いものにまかれるというスタンスでいることだと思います。特に医療機関では、どこも患者さんのために医療を行っていくことになりますが、同じ医療機関でも考え方、やり方はそれぞれ異なるもの。そのため、転職をすると新しい職場に慣れない方も多いと思います。しかし、これから先仕事をする場となるわけですから、そこそこの考え方、やり方を身に付けていかなければいけません。「この考え方は、理解出来ない」と思われる方もいると思いますが、医療機関によっては考え方、方針が異なるのは当然のことですから、これらも受け入れる必要があります。長いものにまかれるという言葉がありますが、ナースの仕事もこの言葉の様にそこそこの環境に合わせて、対応していくことが必要となります。まず、その職場のやり方を受け入れれば、自然とその周辺の人たちとも打ちとけることも出来るでしょう。発言をするのは、周囲との信頼関係がしっかり築かれてからのタイミングがベストです。
このように、ナースの方で転職をして「環境に慣れずに苦労している」という方は、まずは不満ばかりを言っているのではなく、長いものにまかれてみるのも大切。身を任せ、その場に合わせていくことで、今まで理解出来なかった考え方なども理解できるようになるかもしれません。実際にその考え方に沿って動いてみることで、その考えの意味や真意などもきっと分かってくるのではないでしょうか。