ミスの予防線をはる

仕事をしていると、上司もいれば、部下もいますよね。ナースの方も、先輩ナースもいれば、後輩ナースがいると思います。こういった職場の人とは、上手に距離をとってコミュニケーションを取る必要がでてきます。新人さんの中には上司から「毎日のように注意を受けている」という方もいるかもしれません。注意を受けると誰でも落ち込むものです。しかし、いつまでも落ち込みつづけていては、学ぶべきことをしっかり学べません。
仕事をしていれば誰でもミスをしてしまう可能性があります。しかし、看護師の仕事は人の命に関わる仕事ともなりますから、ミスは許されません。そのため、万が一ミスをしてしまった時には、先輩などからきつく注意を受けることもあると思います。注意を受けた時、ふくれた態度を取ってしまう方もいますが、これでは更に怒りを増やしてしまいます。「反省している」「この度は、こんなことがない様にする」といった思いを、上司に伝えていくことが大切です。こういった態度、言葉で予防線を張っていくことで、更なる注意などを防ぐことが出来るでしょう。また、どうしてこういったことをしたのかも答えを持っていれば、予防線を張ることが出来るでしょう。「ちゃんと、考えがあってやったことなんだ」と分かれば、先輩も納得する可能性がありますし、それ以上注意を受けることはなくなるでしょう。
このように、先輩ナースとの注意などを避けるためには、自ら予防線を張っておくことも重要です。